Rave Review

ストックホルムを拠点とするレイヴ・レビューは、ジョセフィン・ベルグヴィストとリヴィア・シュークが設立したブランドで、2018年のパリ・ファッションウィークでデビューしました。環境に優しいファッションを強く支持し、アップサイクルとサステナビリティを哲学の中心に据えているこのブランドは、ブランケットやベッドシーツといったヴィンテージの家庭用テキスタイルを再利用してよみがえらせ、唯一無二のアイテムを制作しています。緻密に構築されたデザインは、現実からの豊かで快活な逃避主義、そして進歩的で自信に満ちたフェミニニティを表現しています。

コレクション

Rave Review(レイブ・レビュー)は斬新なシルエットと素材のコンビネーションで、レイブ、パンク、スポーツなどさまざまな目線で女性のアーキタイプを再定義しています。今シーズンは、バギーパンツとタイトなトップを組み合わせたスタイリングやカスタマイズが可能な、これまでとは異なるよりセクシーなアイテムを取り揃えました。クールでキッチュな新作は、誇張されたシェイプやワイドレッグ、オーバーロングスリーブ、ストライプシャツ、パッチワーク、タータンやオーバープリントされたテキストなどあらゆるもの組み合わせて、エネルギーと積極性を備えたマキシマリストでアップサイクルされた女性を表現しています。