MartineAli_hero

Martine Ali

ブルックリンを拠点に活躍するジュエリーデザイナーのMartine Ali(マーティン・アリ)は、フォーダム大学でビジュアルアートを学んだ後、ニューヨークの有名なファッションブランドでインターンとして働いていた時にそのセンスを見出され、社内のジュエリーデザイナーに抜擢されました。5年後にそのブランドを離れ、自身の名を冠したブランドを起ち上げます。1990年代のヒップホップやスケート&パンクカルチャーを着想源としつつも人間観察に根差した、モジュール式で自由にカスタマイズできる彼女のコレクションは、ファッション業界や音楽業界で大きな反響を呼びました。即興的かつ直感的、変幻自在な彼女のデザインプロセスは、トグルクリップやキューバンリンクチェーン、ヘビーチョーカーなどをアレンジしたコンテンポラリーなユーティリティスタイルをアレンジし、定番を再構築しています。

コレクション

MTVやヒップホップにふれて育ったマーティン・アリは、脈々と受け継がれている機能的な若者文化を象徴するスタイルを現代的に解釈しています。たとえばスターリングシルバーの「Spike and Surf」イヤリングや、繊細な「Corbin」チャームのネックレスは、重厚な「Hardware and Damon Scrap」チョーカーや、シグネチャーであるMAリンクのコンビネーションの廃材を再利用して作られた「Bracelets and Pant」チェーンと着用してコントラストを強調するようにデザインされています。こういったアイテムが集結し、本格的で個性的な着こなしを可能にする、汎用性の高いヘビーデューティーなユニセックスコレクションが誕生しました。