Shanel Campbell Hero
Courtesy of Shanel Campbell

Bed on Water by Shanel Campbell

マルチアーティストでデザイナーのシャネル・キャンベルは、ブロンクス生まれでニューヨークを拠点に活躍するカリブ系二世の黒人女性です。パーソンズ スクール オブ デザインを卒業後、同校で教鞭もとり、2018年に単独では初めてとなるファッションショーを開催。カスタムメイドの衣装を発表し、アーティストやパフォーマー、セレブリティの間で瞬く間に人気を博しました。黒人史、アフロフューチャリズム、時間とスピリチュアリティに焦点を当てた彼女のコレクションは、彫刻的なカッティングと未来的で非常にフェミニンなシルエットを通じて性的アイデンティティを追求する一方、黒人女性という存在の深さと力強さをたたえています。

コレクション

アフロフューチュリスティックなシャネル・キャンベルのコレクションの着想源となっているのは「魂」。折衷的な要素と、大胆なシルエットを生む鋭角的なデザイン、そして鮮やかで豊かな色彩を組み合わせ、独自の超越した女性性を表現しています。パネルワーク、ラッフル、フェザー、タッセル、編み上げやビーズなどのディテールを取り入れた、ホットピンク&ペトロール ブルーのスネーク柄ドレス、クロップド ジャケット、ティアードスカート、エレガントな黒のロングドレス、そしてベルベットにレースを施したオープンフロントのニーハイブーツや、100ドル紙幣をプリントした大胆なスカートなどが、表情豊かでパワフルな女性らしさのビジョンを生み出しています。