Bianca Saunders

ロンドンに生まれ、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修士課程を修了したビアンカ・サンダースは、自らのルーツである英国と西インドを着想源とするメンズウェアを展開しており、社会構造とジェンダーの境界を探求しています。彼女はアートや写真、映画の技法をマルチなアプローチで取り入れながら、社会の既成概念に挑むという美学に基づいたストーリーを紡いでいます。彼女の名を冠したメンズウェアブランドは、男性性と女性性、テーラードスタイルとストリートウェアの区別を曖昧にし、衣服の構造や技術の可能性を押し広げ、暗黙の了解となっている過剰な男性らしさや伝統的なメンズウェアの概念を覆しています。

コレクション

ビアンカ・サンダースは、母親が18歳の頃にジャマイカで撮った写真にインスピレーションを得て、自身のルーツであるカリブ海の活気ある雰囲気を探求した最新コレクション「ヘンチマン」を発表しました。ニュアンスたっぷりにアレンジしたコンテンポラリーな男性らしさをベースに、テーラードとカジュアルウェアの境界線を鮮やかに指し示しています。ビビッドなカナリーイエローのシャツとトップス、クリスタルブルーのプルオーバーとパンツ、ツートンのトップスとボトム、バイアスカットのタンクトップ、アップサイクルしたインディゴ デニム、大きなチェック柄のシャツとショートパンツが、現代を生きる男性のための力強いシルエットを生み出します。

まもなく販売開始の新作アイテム

新しいコレクションは出荷中です!再度アクセスしてVaultの新作アイテムをご覧ください。