zhou hero
Courtesy of Rui Zhou Xiangyu Liu

Rui Zhou

2018年にパーソンズ美術大学のMFA(美術学修士課程)を修了し、そのわずか1年後に自身の名を冠したブランドを起ち上げた中国人デザイナー、ルイ・チョウ(Rui Zhou)。現在は、上海とニューヨークの2都市を拠点に活動しています。 「肌と衣服の間のポエティックなエレガンス」をインスピレーション源とする彼女のデザインは、オーバルやサークルシェイプのカットアウトを重ね合わせることで強さと儚さの二面性を表現しています。ニット地とディップダイの技術を組み合わせ、繊細で落ち着きのある色調を用いて彼女が作り出すボディスーツやトップス、アームカバー、レギンスは、ボディをさらけ出すと同時に強調するかのようです。

コレクション

不完全な美に強いこだわりを持つルイ・チョウは、日本の「侘び寂び」の美学を取り入れ、伸縮性のあるメンブレン生地によるアシンメトリーなカットや明暗の幾何学模様を表現したデザインで、二面性に加えボディと衣服の間の緊張感を探求しています。最先端のニット技術やディップダイ、パールの繋ぎ込みなどの技法を駆使した彼女のコレクションは、さまざまな色調と繊細な透明感でボディにフィットし、露出と隠匿を併せ持ちます。そこには優しさと力強さの両面がある人間の真実が映し出され、身に着ける人に新しい自信に満ちた女性らしさを与えます。